消費者ローン

消費者ローンの上手な利用方法とは

消費者ローンの正しい利用方法を知っているだけで、様々な場面で活用する事が可能です。冠婚葬祭が続き生活費が無い場合や、どうしても今晩の飲み代が必要といった場合等、どんな時でも利用する事が出来ますので知っていて損はしません。

 

正しい利用方法といってもさして難しい事ではなく、ご自身の収入に見合った借入額と返済計画を綿密にたてて消費者ローンを利用するだけで良いのです。

 

今では賃金業法の改正によって、借りすぎない様にするための総量規制もありますので、無理な借入をする心配も無くなりつつあります。また返済計画といっても難しい計算をする必要はなく、借入する業者のホームページに返済シュミレーションといったツールがあるので、そちらを利用して毎月の返済額・毎月かかる利息等を簡単に算出して返済計画をたてる事が出来ます。

 

当サイトでは、低金利で素早く借りれる消費者ローンと、借入に失敗しない為に必要な情報をご提供していますので、お金を借りたいという方は是非活用してみて下さい。

 

オススメの消費者ローンはコチラ!

アコム

 

アコム公式ページ

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

バンクイック公式ページ

 

消費者ローンの利用条件

消費者ローンには様々な種類がありますが、基本的には20歳以上65歳未満の方で定期的な収入を得ている事が条件となります。消費者ローンの中には18歳から利用出来る学生ローンというサービスも存在しますが、当サイトでは一般的に利用されている消費者ローンについてご紹介しています。

 

消費者ローンの審査について

消費者ローンの審査にはどの業者にはある程度決まった条件と、業者ごとに敷いてあるハードルがあります。条件が良い消費者ローンの場合は審査のハードルは高くなっています。銀行のローン等は消費者金融と比べると審査のハードルが高くなっています。

 

審査で見られる所は「返済する能力があるのか」という点です。20歳以上でも仕事をせずに定期的な収入を得ていなければ審査に通る事は難しくなります。しかし、定期的な収入という面は大きな範囲で認められています。例えばアルバイトやパートだけど審査に通れるのか?という質問をよく見かけますが、パート・アルバイトでも定期的な収入と認められていますので審査に通過する事は可能となっています。

 

特に職業も問われる事もありません。パート働きで収入はあるのだけれど、主婦だから借りれないの?という質問もありますが、主婦の方でも借りれますし、もちろんアルバイトで定期的な収入がある20歳以上の学生でも借りる事は可能となります。

 

しかし業者によって学生・主婦には融資枠を小さくしている場合もありますので注意が必要です。しかし、融資枠が小さいと言っても10万〜30万等ですので学生が借りる分には申し分のない枠となっているはずです。また小さい枠で限られている分、使いすぎる心配もありませんので安心して利用出来るかと思います。

 

審査に通過しにくい人とは?

すでに他社から借りており、借入総額が多い人や、他社借入件数が4社以上あった場合等は審査に通りにくいとされています。その他にも固定電話が家にない場合や、過去に未払いや滞納時期があったり、自己破産や申し込みブラックの方は審査に通りにくいと言われています。

 

しかしインターネットで調べる限りではこう書かれているのですが、実際にこの様な不利な状態でも借入が出来たという方もいるようで、銀行の場合は借りれる可能性は非常に少ないようですが、実際に審査をしてみないと分からないというのが消費者ローンなのです。

 

急ぎの方専用の消費者ローンについて

消費者ローンは様々な場面で利用出来るとご紹介しましたが、即日融資という便利なサービスを活用する事で更に便利なものとなります。今日中にどうしてもお金が必要という方の多くは消費者ローンを利用されているのですが、即日融資があるからこそ急ぎの方に人気となっているのです。

即日融資とは?

即日融資とは、その名の通り申し込みをしたその日の内にお金を借りる事が出来るシステムです。お金を借りる際の審査というと、何日もかかるイメージがありますが即日融資の場合は最短で30分で審査結果が出る業者も居ます。申し込み手続きの時間に審査時間をプラスして、申し込みから1〜2時間程度でお金を手元に用意出来ると考えられて構いません。もちろん即日融資を受ける為には業者ごとによって条件があるようです。

 

条件といっても基本的には15時前までに契約を済ませ、借入額の希望を提示させるという条件が多いようです。銀行の兼ね合いもあるので15時が時間制限となっています。(※自動契約機の場合はATM稼働時間まで借入可能)